yuima5

維摩経ノートV

〈全5巻完結!〉菩薩行品第十一・見阿閦仏品第十二・法供養品第十三・嘱累品第十四

高橋尚夫編著 大正大学名誉教授 舞台は再びブッダの許へ。そこで菩薩の解脱、如来と仏国土の顕現が説かれ、本経の教えの供養と大乗仏教の委嘱がなされる  
体裁:B5判/発行年:2019.5/ISBN:978-4-86644-015-6 C3315
総頁328/定価:5,000円+税

yuima4

維摩経ノートⅣ

仏道品第八・入不二法門品第九・香積仏品第十
高橋尚夫編著 大正大学名誉教授 〈菩薩が行くべきではない道を行く〉ことを説き菩薩の意味を明かす「仏道品」、有名な〈維摩の一黙〉が示される「入不二法門品」、そして激しい論争から一転して香りの食事を囲む「香積仏品」を収録 体裁:B5判/発行年:2018.12/ISBN:978-4-86644-014-9 C3315
総頁328/定価:5,000円+税

アトムの誘惑

原発問題を神道・仏教・キリスト教・新宗教はどう見たか
島崎義孝 臨済宗妙心寺派京都多福院住職  治以降150年、エネルギー確保は資源小国日本にとって課題であり続けてきた。唯一の被爆国でありながらも原子力発電を推進してきた日本は、「3・11」に遭い、その生き方の根本が大きく揺らいでいる。そこにこの国の宗教が示したものとは……  体裁:A5判/発行年:2018.11/ISBN:978-4-86644-013-2 C0014総頁332/定価:2,500円+税

金剛大曼荼羅

Anandnandagarbha造
『金剛界大曼荼羅儀軌一切金剛出現』『金剛薩埵出現と名づくる成就法』『金剛薩埵成就法』和訳

遠藤祐純 アーナンダガルバによる金剛頂経の註釈書をチベット訳から翻訳。前2本は『略出念誦経』を多用し、後者は百字真言と四智梵讃を入れて論じる 体裁:A5判/発行年:2018.8.5/ISBN:978-4-86644-012-5 C3015/定価:7,200円+税

tekketu

一中鉄血勤皇隊 沖縄の男子学徒たち

広島経済大学岡本ゼミナール編 DVD付 書評→
太平洋戦争末期の沖縄戦で鉄血勤皇隊として14歳以上の少年たちが防衛招集された。彼らの足跡を徒歩で辿りながら、生存者5名の貴重な証言を聞く
学生が聞いた いのちをみつめる叢書 特別篇③
体裁:A5判/発行年:2018.6.23/ISBN:978-4-86644-011-8 C3315/
定価:1,100円+税


yuima3

維摩経ノート〈 III 〉

問疾品第五・不思議品第六・観衆生品第七 高橋尚夫編著
巻頭にラモット『維摩経』の英訳者サラ・ボイン=ウェッブによる序説等を収録。本文では維摩居士が登場し、文殊菩薩との対論に仏教の本質が説かれる
体裁:B5判/発行年:2018.6.15/ISBN:978-4-86644-010-1 C3315/
定価:5,500円+税
詳しくは→

yuima2

維摩経ノート〈 II 〉

弟子品第三・菩薩品第四 高橋尚夫編著 

体裁:B5判/発行年:2017.12.8/ISBN:978-4-86644-004-0 C3315/定価:6,000円+税
詳しくは→


iwajyuku

平成30年度 第56回 
群馬県文学賞〈評論部門〉受賞作品

岩宿遺跡の発見者

人間“相澤忠洋”を語る 相澤貞順 目次書評→
体裁:B6判/発行年:2017.11.15/ISBN:978-4-86644-008-8 C0020/定価:1,450円+税

tantrachu

パドマヴァジュラ造

『タントラ義入註釈』和訳

遠藤祐純 体裁:A5判/発行年:2017.9.20/ISBN:978-4-86644-007-1 C3015/定価:15,600円+税


yuima

維摩経ノート〈 I 〉

仏国品第一・方便品第二 高橋尚夫編著 
体裁:B5判/発行年:2017.4.3/ISBN:978-4-86644-004-0 C3315/定価:5,000円+税
詳しくは→

ikiru

生きる死者

—災害と仏教 白石凌海著 書評→仏教タイムス・月刊『住職』2017.6月号に掲載されました 体裁:A5判/発行年:2017.4.3/ISBN:978-4-86644-006-4 C0015/定価:2700円+税
詳しい内容は→

              number1    number2